モーリス・R・グリーンバーグ

会長兼CEO Starr & Co. Inc.



モーリス・R・グリーンバーグは、C.V.スター・アンド・カンパニーの会長兼最高経営責任者 Starr & Co. Inc.



会長兼CEO グリーンバーグは1967年よりアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の最高経営責任者を務め、2005年3月に退任しました。 グリーンバーグの経営下、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は世界最大規模の保険会社に成長し、AIGの株主に対して他に類を見ないほどの価値を産みだしました。 AIGの市場価値は3億ドルから1800億ドルまで上昇しました。 AIGはC.V.スター・アンド・カンパニー により創設されました。



グリーンバーグはエール大学の国際関係学に関する諮問委員会の会長を務めています。 また、米国外交問題評議会の名誉理事、そして米中関係全国委員会の副理事でもあります。 かつてはニューヨーク連邦準備銀行の理事長および委員を努めました。



さらに現在はニューヨーク・プレスビテリアン病院の役員であり名誉会長でもあります。 彼はコーネル大学のワイル・メディカル・スクールの監督理事会の委員でもある他、ニューヨーク大学の終身管財人です。 また、国際救済委員会の監督理事会の理事であり、市民団体や慈善団体のメンバーとしても活動しています。



1999年、グリーンバーグは当時上海市長であった朱 鎔基により、上海市市長国際企業家諮問委員会会長に任命されました。 1994年には北京市の上席経済顧問に任命されました。 1997年、「上海名誉市民賞」を受賞しました。 また、清華経済・マネジメントスクールの顧問委員会のメンバー、中国発展研究基金及び中国開発銀行の国際顧問委員会のメンバーでもあります。



グリーンバーグはマイアミ大学より法学部入学資格を得て、ニューヨーク・ロー・スクールより学士号(法学)を取得しています。 また、彼はニューヨーク・ロー・スクール、ブラウン大学、ブライアント大学、ミドルベリー大学、ロックフェラー大学などの多数の機関から名誉学位を授与されています。

A.M. Best財務力格付け

スター・インデムニティ・アンド・ライアビリティ・カンパニーはA.M. Best 社による財務力格付け(FSR)「A」、財務規模カテゴリーXIV、及び発行者信用格付け(ICR)「a」と評価されています。

スター・サープラス・ラインズ・インシュランス・カンパニーはA.M. Best社による財務力格付け(FSR)「A」(エクセレント)、財務規模カテゴリーXV、及び発行者信用格付け「a」と評価されています。

スター・インシュランス・アンド・リインシュランス・リミテッドはA.M. Best社による財務力格付け(FSR)「A」(エクセレント)、財務規模カテゴリーXV、及び発行者信用格付け「a」と評価されています。

スター・インターナショナル・インシュランス(アジア)・リミテッドはA.M. Best社による財務力格付け(FSR)「A」(エクセレント)、財務規模カテゴリーXV、及び発行者信用格付け「a」と評価されています。

スター・シンジケート・リミテッド・アト・ロイズ・オブ・ロンドンはA.M. Best社による財務力格付け(FSR)「A」(エクセレント)、財務規模カテゴリーXV、スタンダード&プアーズ社格付け「A+」(ストロング)(ロイズ・オブ・ロンドン市場格付け)と評価されています。

施行日: 2013年10月18日